KLUTCHE

【CSS】IE7の野郎でoverflow:auto内のposition:relative要素がはみ出るバグの対処法

IE7

IE7では、overflow:auto でスクロールバーを使う要素内に、position:relative を指定した要素が内包されていると、スクロールが効かない上に親要素からはみ出して表示されるというバグがあります。

対処方法

親要素にも position:relative を指定してやると正しく表示されます。

IEで泣かない為に

IE6が世から駆逐され、WEBデザイン界にひとときの平和が訪れていますが、IE7以降にもそれぞれバグはあります。
ブラウザごとの小さな挙動の差を全て覚えるのは大変ですが、小さな事であっても、つまづいて解決する度にメモする事が大事だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です